読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチの食生活 3

f:id:horiesky:20160308214754j:plain

 

今回は、

『食べる習慣3』

をお話します。

「難しい専門用語」でもお話しましたが、

酵素とは、

大工さんのようなものです。

材料を切ったり組み立てたりして、

立派な家を建てる、そんな存在です。

カラダでも同じように、

食べたモノの栄養を体に吸収させたり、

その吸収された栄養をに変えたり

してくれます。

ですが、

その大工さんには弱点があります。

その弱点とは、

体力に限りがあると言うことです。

 

無駄使い…

==========

人間の体には酵素そのものは備わって

いるのですが、それには限りがあり

あなたが生きている間その酵素は、

少しずつ減り続けています。

例えば、

呼吸したり

消化したり

カラダを動かしたりするだけでも、

酵素り続けています。

まして、

食べ過ぎたり消化の悪いものばかりを

食べると無駄酵素を消化に使うことに

なります。

つまり、

カラダに負担が掛かればかかる程、

酵素は減っていきます。

酵素が不足すれば、

肌が荒れたり…

老化が進んだり…

だけでなく、

代謝(カラダの流れ)が悪くなり、

血の流れも悪くなってしまいます。

腸内環境も悪くなり、

リウマチの症状も悪化していきます。

 

回復スピード加速

==========

以前、

「食べる順番」や「断食」

でお話した事もすべて、この酵素に深く

関係している内容です。

簡単に言えば、

酵素の無駄遣いをなくす方法』

なのです。

しかし今回は、

酵素が減り続けることを防止する

秘策をお話します。

それは酵素を食べ物から取り入れる

ことです。

酵素を取り入れることによって

あなたのカラダにある酵素の消費を

極端に減らすことができますし、

それによって代謝(体の流れ)が上がり

血の流れも良くなり免疫力も

上がります。

もちろん病気を治すスピードが断然、

速くなります。

私はリウマチになって

初めて「食」の大切さを学びました。

自然で生きた食べモノ」に目を向け、

なるべく加工した食品を避けてきました。

その中でも、

とくに酵素だけに重視した習慣とは、

『果物を食べる習慣』

です。

 

克服できなかった…

==========

それまでの私は、

果物なんて、

年に数回食べる程度で、

好んで食べることはしませんでした。

皮をむいて食べるのも面倒くさい

ですし 手も汚れます。

しかし、

酵素の存在を知ってからは

好んで食べるようになりました。

果物自体、

酵素豊富で消化がしやすく、

吸収が速い。

まして食物繊維が豊富で、

便秘がちな私にとってはメリット

大きすぎました。

消化吸収が速いという事は、

胃腸に負担が少なく、

まして栄養が吸収されやすい。

さらに、酵素 は果物に多く含まれ

 免疫力を上げ腸内環境を良くする

働きがあるのです。

食物繊維は、

消化を助け便秘を解消させますし、

排出を上げる働きがあります。 

簡単に言うと 

『素早く栄養が摂れて胃腸の働きを

上げて排泄を良くする』

ということです。

私はこの習慣にして

便秘が解消されました。

もちろんこの習慣を行なわなければ、

リウマチを克服するなんて出来なかった

のかもしれません。

それくらい私は重要に考えています。

 

理由はない…

==========

そしてお勧めしたいのが、

ジューサーを使って

『フレッシュジュース』

にして飲む事です。

ジュースにする事で、

多くの果物を摂取する事もできますし、

野菜を入れたりアレンジする事も

できます。

ポイントは、

旬の果物を選ぶ事とできる限り、

地元農家の直売店などで購入すること
 
ジュースを作るのでしたら、

はもちろん(小さい種)まで、

まるごとジューサーにかけて

飲む事をオススメします。
 
ジュースを作るのは、

正直、面倒くさいと思いますが、

たくさんの酵素が摂れる…

回復スピードが上がる…

ことを思えば、

やらない理由無いと思います。

ぜひ、

『果物を食べる習慣』

を取り入れて下さい。