読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

30代リウマチを劇的に改善する方法16

f:id:horiesky:20170218091325j:plain

 

今回は、

『リウマチを劇的に改善する方法16』

についてお話します。

前回のつづきで免疫についてです。

血液は、赤血球と白血球に分かれ

赤血球は、

酸素や栄養を運搬する働きがあります。

白血球は、免疫システムに分かれ

さらに4つに分かれます。

リンパ球、貪食細胞、顆粒球、樹状細胞…

それぞれについてお話しました。

自己免疫疾患は、

その免疫細胞自体が狂った状態です。

免疫力をあげたり活発にするよりも、

まず先に免疫自体を正常に戻してあげなければ

なりません。

少し踏み込んでお話すると、

リンパ球はさらに3つに分かれていきます。

1. B細胞

2. T細胞

3. NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

に、分かれます。

B細胞は、

抗体という武器でウィルスやバクテリア

倒します。

T細胞は、

細胞が敵になるのを見極めて倒します。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、

カラダ中をパトロールして外敵に直接、

攻撃をしかけます。

免疫は前回もいいましたが、

サイトカンというタンパク質を分泌して、

コミュニケーションをとっています。

が、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は

常にカラダをパトロールしていて、

単独でまっ先に敵に攻撃を仕掛けていく細胞です。

免疫には、

自然免疫系と獲得免疫系があります。

自然免疫系は、

あなたが生まれつき持っている免疫で、

外敵がカラダに侵入するとまっ先に攻撃を

しかける細胞達です。

しかも、対処できなかった外敵の情報を

獲得免疫系に伝える働きもあります。

獲得免疫系は、

自然免疫系で対処できなかった外敵の情報を

もらい、つづいて攻撃をしかけていきます。

自然免疫系には、

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

獲得免疫系には、

B細胞やT細胞が存在しています。

解りやすい図はあったので、

添付しておきます。

f:id:horiesky:20170217112646p:image

                                                " 免疫力向上委員会 引用"

 上記の図に出てくる、

マクロファージ好中球は前回お話した

貪食細胞からさらに分かれた免疫細胞です。

まだまだ深い免疫ですが、

ここまでにします。

『リウマチに劇的に改善する方法16』

免疫を正常な状態に戻すためには、

少しでも免疫について知る必要があります。

ここまで、難しい話をしてきましたが

あなたに知っておいて欲しいこと

それは…

あなたのカラダに存在する

免疫細胞の6割がに集まっている!

と、言うことです。

その理由は、

口から取り入れた食べモノと同時に病原菌も

一緒に入りやすく腸内で吸収されてカラダ中に

バラまかれるのを阻止するためです。

これまで腸についてもお話しましたが、

あなたの腸内環境がもし悪くなっていれば

免疫に多大な影響を与えてしまいます。

免疫力を上げる?下げる?だけの問題では

なくなります。

それほど、

免疫と腸内環境は密接した関係があり、

免疫をまず整えるためには…

腸内環境を整えることが最大のカギに

なります。

少し細かく言うと腸は小腸と大腸があり、

それぞれ免疫機能があります。

小腸はおもに消化や吸収をおこない、

大腸は便を作る場所でもあります。

ただ…

菌にとって大腸はとても住みやすい環境に

なっていてカラダに影響が出やすい場所でも

あります。

リウマチの方に便秘の方も多いですし

便の色が黒っぽい方もかなりいます。

便秘や便の色が黒っぽいのは腸内環境が

悪い証拠です。

まず、便の色を意識して下さい。

・・・

腸内環境は免疫と深く繫がっています。

自己免疫疾患のような、

免疫が狂った状態であっても

まずは腸内環境を整えることが先決です。