30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチ症状 1

f:id:horiesky:20160904203158j:plain

 

今回からは、

今まで私が経験した

『闘病生活』

についてお話します。

が、

その前に約1か月ほど記事が途切れてしまい

この記事を見て頂いて下さる方に

ご迷惑をかけてしまいました。

本当にすみません。。

実は、

7月に新しく家族が誕生したので

妻と協力して育メン生活を送る日が続き、

私は育児に専念していました。。

最近やっと、

妻も少し落ち着き始めましたので、

本日からまた記事を再開します。

ご迷惑をお掛けしました。

これからも、

どうぞよろしくお願いします。

『闘病生活』

リウマチを発症してから約6年間、

私はリウマチと闘い続けました。

初期症状が出始めて次第に不安になり…

病院をなんども移されました。

そして、

やっとの思いで駆け込んだ専門医。

そこで解った『関節リウマチ』

しかし…

専門医で多くの薬を処方され、

私は次第に恐怖と不信感を覚え…

独自の判断で病院から離れました。

リウマチを発症して約2年で歩行が困難になり、

アゴから足の指先までの関節に激痛を抱え、

必死にもがき続けた闘病生活。

西洋医学…

東洋医学

アーユルヴェーダ

心理学…

栄養学…

免疫学…

など、手さぐりで学んだ多くの知識。

自分で実践し挫折を繰り返しながら

たくさんの経験をして、

リウマチを乗り越える事が出来ました。

もちろん、諦めたことや挫折した事は

数え切れないくらいありました。

『この痛みをわかってくれない!』

と無抵抗な家族を傷つけ…

『病院に捨てられた!』

と病院を憎むようにもなりました。

『もう家族を守ることができない…』

と死を覚悟し涙する事もありました。

毎日、リウマチの症状に痛み苦しみ

自力で治すことはムリだと思うように

なりました。

日を追うごとに広がる関節の痛みが

希望のない未来を予感させるかのようでした。

しかし…

すべて諦めて病院に行っても

『医療費が払えない…』

『副作用が怖い…』

どうする事もできない…

そんな気持ちが常にある状態でした。

今まで続けてきた仕事も出来なくなり、

無職になった私は生活費も払えず

実家に転がり込みました。

そして私と家族は今までにない

大きな劣等感を感じました…

 …

私が6年間つらく苦しい闘病生活を

一体どのように送ってきたのか?

という経緯ついて次回から、

お話していきたいと思います。

現在、私は38歳なのですが

リウマチを発症したのは今から9年前…

 29歳の時でした…

当時は幼い息子と妻の3人で、

公私共に順調に生活を送っていました。

が、

ある日、私のカラダに異変が起こりました…