30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチ改善 2

f:id:horiesky:20160723071627j:plain

今回は、

『リウマチ改善アプローチ2』

についてお話します。

前回お話しましたが、

『内面的な健康』

とは、見た目や数値だけに特化せず

日々の習慣や環境や考え方など…

カラダの内側から根本的にリウマチを

改善していく考えの事です。

その考えを、

『改善アプローチ』

と題しました。

この『改善アプローチ』は、

リウマチの根源や考えなど病気を本質的に

改善していく方法なので、

多くの気付きがあると思います。

そして、

リウマチを乗り越えてきた私と同じように

あなたも大きく今の概念が変わるはずです。

・・・

『リウマチ改善アプローチ』

ではまず始めにお話する事は、

あなたの環境を見直して下さい。

『何を食べるか?』

によってあなたのカラダの細胞に大きく

影響します。

そして、あなたの日々の習慣によって

カラダに大きく反応を起こします。

また、口や鼻から入るもの全てが

カラダを左右しています。

もちろん、

その中には水分や酸素も含まれます。

汚染された食物や添加物まみれの食べ物…

排気ガスや公害などの汚染された酸素など…

すべてあなたがいる環境によって、

良いものも悪いものも蓄積されて

あなたのカラダに反応として出てきます。

例えば、

いくら空気の良い環境にいたとしても

カラダに負担を与える食べ物ばかりを

毎日、食べていたら…

間違いなく病気へと向かいますし、

いくらカラダに良い食べ物ばかりを

食べていたとしても毎日、汚染された

空気の中で生活し続ければ…

汚れた酸素が血液の中に入り血が汚れ、

次第に病気になっていきます。

なのでここで知って欲しい事は、

『食べモノや空気によってカラダに

大きな影響を与えている…』

という事です。

食べものがカラダの細胞を作りますし、

酸素によってカラダを浄化する事も出来ます。

・・・

次に『排泄』です。

尿や便、汗や涙、鼻クソや垢(あか)など…

カラダの内側から外へと出される排泄。

その排泄の中でも特に、

『便がカラダの95%の毒素を出す』

とも言われています。

長く苦しい闘病生活を送ってきた私は、

長期間にわたり便秘に悩まされていました。

お腹の張りや胃もたれ…

頭痛や吐き気…

肌荒れや脱力感など

体中に毒素が充満していました。

毎日のように体調がすぐれず、

胃腸の不具合を常に気にしていました…

・・・

食べモノや酸素や水分などがカラダの

栄養となった後に老廃物が出ます。

『入ったら出す』

この流れがカラダの自然な流れです。

例えば、

家のゴミ出しを数ヶ月しなかったら…

家の中は悪臭や腐敗がして家の中には、

いられない状態になります。

川や湖などもそうなのですが、

水の出入りがなければ

そのうち水は腐り始めます。

口に入れたものが

あなたのカラダの栄養となり、

その時に出る老廃物を出さなければ

カラダに毒素が蓄積されてしまいます。

リウマチを改善する為には、

カラダの中に溜まっている老廃物を

出さなければいけませんし、

カラダから出す排泄をサポートしなければ

いけません

しかし現代は、

トイレに行くことを我慢したり…

汗を抑えるデオドラントなど…

排泄をすることに対して、

『恥ずかしい』

とか

『汚ない』

という風習があります。

例えば、

私には小学生の息子がいるのですが、

私はその息子によくこう言います。

『学校でウンチをするのが恥ずかしい?』

もしウンチをするのが恥ずかしい…

と、言ってガマンしていたら…

そのウンチがカラダの中に溜まって

口からウンチの匂いがしたり…

カラダがうんちの臭いになるよ!

だから絶対にガマンしないで堂々と、

トイレに行くんだよ。

と…

・・・

『排泄』を我慢すればする程、

その分カラダに反発し負担を与えます。

カラダの中に老廃物が溜まれば溜まるほど…

その老廃物が腐敗して毒素が出ます。

その毒素が体中にバラまかれていきます。

『リウマチ改善アプローチ』

リウマチを改善するためには必ず、

『環境』と『排泄』が重要です

食べモノや空気によって、

カラダに大きな影響を与えています。

そして、

カラダの内側から外へと出される排泄が

重要なポイントになります。