30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

違和感に集中する…

f:id:horiesky:20160704091208j:plain

 

今回は、

『やる気を上げる方法8 』

についてお話します。

今までのあなたの生活習慣や考え方、

行動が今の結果を生み出している…

というお話を以前させて頂きました。

今まで、ついつい

カラダに悪いと思いながら

好きなものばかりを食べたり…

ついつい、

運動するのが面倒くさくて…

ついつい、

些細なことでもイライラしたり…

わかっているのですが、

ついつい自分に甘えてしまいます。

自分の1日をビデオで撮影すれば毎日

似たような生活リズムになっているだろうな〜

と、つくづく思います。

毎日…

同じような時間に起き、

同じような時間に家を出て…

同じような通路を通り、

同じような仕事をして…

同じような時間に帰り、

同じようなテレビを見て… 

同じような時間に寝る。

殆ど同じパターンです。

・・・

私は長くて苦しい闘病生活の中、

多くの知識を得ることができました。

が、最初の1年半以上はほとんど何も

習慣にしていく事が出来ませんでした。

自分を変えたい…

良い習慣を身に付けたい… 

だけど、出来ない…

『なんて意思が弱いんだろう』

と、いつも自分を責めていました。

・・・

ある日、

右肩から右ヒジ、右手首、右指の関節が

激しく痛み、私は不機嫌に目を覚ましました。

右手の激痛で朝から歯磨きなど

できる状態ではありません。

しかし、どうしても口の中が気になり、

やむを得ず左手で歯磨きをする事にしました。

もちろん、

左手は全く痛みはない…という状態では

ありませんでしたが、

激痛が走る右手に比べれば何とか

動かす事ができました。

左手で歯磨きをする… 

今まで利き手以外で

歯磨きをした事がない私はうまく手を

動かすことが出来ずイライラしていました。

違和感と不慣れで磨くその歯磨きは、

とてもキレイとは言えないものでした。

・・・

関節の痛みは日々カラダ全体に広がり…

今までは3日もすれば痛みは消えて

いたのですが、

右肩から手にかけてのその痛みは、

半月以上も長く続きました…

毎日おこなう不慣れな歯磨き… 

しかし、

半月にもなればその違和感は徐々に

無くなっていきました。

今まで右手で歯磨きをしている時は、

何も考えず無意識に行っていたのですが

左手で行うその歯磨きは、

歯はキレイに磨けているのか?

もっとスムーズに磨けないのか?

どうすれば上手く磨くことが出来るのか?

と、今まで歯磨きに対して何も

意識しないのが当然なのですが、

左手で行うその歯磨きは

かなり意識して『集中』していました。

最初は慣れない左手での歯磨きに、

違和感を覚えイライラしていた自分が

次第に集中して意識するようになり、

ようやく上手く出来るようになりました。

そして、苦痛に感じた違和感も

徐々になくなり、右手と同じくらい

無意識にできるようになった瞬間…

『習慣とはこういう事か…』

と、改めて感じる事ができました。

習慣にしていく為には段階があります。

部屋の戸を開ける時、

いつも右手でドアノブを開けるのですが

それを左手にするようにしたり…

足を組む時、

いつも右足が上にくるのを、

あえて左足にしたり…

色々なことに意識しました。

そんな実験を繰り返している私に、

大きな気付きがありました。

その気付きとは、

『意思の力』

でした。

 意思とは、

『何かをしようとする積極的な考え』

の事です。

意思の力が半減してしまうと、

積極的な考えが出てこなかったり…

ついつい…の行動になってしまいます。

意思が弱い=消極的な考え…

積極的な考えを持つためには、

『意思の力』を付ける必要があります。

その為にはまず、

小さな癖や無意識にしている動作を

意識して変えていく事が先決です。

とても簡単な方法ですが、

それが意思を鍛える

トレーニングのようなものです。

・・・

あなたは歯磨きをする時、

右手でしますか?

それとも左手ですか?

あなたが足を組む時…

右足が上ですか?

それとも左足が上ですか?

あなたが湯船につかる時…

右足が先ですか?

左足が先ですか?

あなたが部屋のドアを開けるとき…

あなたが靴を履くとき… 

・・・

あなたが無意識に行っている癖を

意識して普段とは逆にしてみて下さい。

かなり違和感があると思いますが、

習慣にしていくという事は、

この違和感を少しずつ乗り越えて

『できる状態』にして行くことです。

そして、できる状態を続けていけば、

無意識で行うことが出来るはずです。

そうすることで、

意思の力=積極的な考え

に変わっていきます。

今まで気付かなかった物事…

前向きな気持ち…

など、新たな気づきがあるはずです。

例えて言うなら、

頭のアンテナを研ぎ澄ましている…

そんな感覚です。

あなたが普段、無意識に行っている癖を 

1つずつ意識して変えて見て下さい。

右手を左手に変える…

左手で歯磨きをしてみる…

左手で物を取る…

など、探せばたくさんあるはずです。

一度、挑戦してみて下さい