30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

あなたには無理でしょ!

f:id:horiesky:20160623195146j:plain

 

今回は、

『やる気を上げる方法2』

についてお話します。

『あなたはムキになる事がありますか?』

『それはどんな時ですか?』

・・・

今回の『やる気を上げる方法』は、

少し変わった方法です。

そしてかなり…パワフルです。

今まで挫折を繰り返してきた人でも、

やる気を上げて継続していく事が

できるはずです。

・・・

私にはとても、

ムキになる事』があります。

それは、ある言葉を聞いた時です。

例えば、

継続できない私の場合

『これを習慣にしよう!』

とやる気があっても、

2〜3日もすれば面倒臭さくなったり…

急にやる気が無くなったり…

そんな事がしょっちゅうでした。

『なぜこんなに飽き性なのか…』

『なぜこんなに続けられないのか… 』

と悩んでいました。

しかし、

ある人と会った時、

その悩みが解消されました。

・・・

私は半年間の通院生活を続け、

高額の点滴治療と副作用の辛さが

きっかけで病院を離れました。

それを知った私の知り合いは、

私の痛々しい姿に何度も、

『無理しないで病院に行ったら…』

といつも心配してくれました。

そして私は、

『大丈夫、大丈夫』

といつも言っていました。

ところがある日、その知人は私に

『自分で判断するから…そんな姿に…』

『家では何も出来ないのとちがう?』

と、私が日々痛みがひどくなる姿を見て

そう言いました。

そしてさらに、

『無理でしょ、そんなの…』

と、最後にその言葉を付け加えました。

・・・

もちろんそれは、

私を病院に行かせる為に言ったのか…

自分で病気を治すことを諦めさせるため

に言ったのか…

それは解りません。

しかし、

私はその言葉を聞いた瞬間、すごく

イラっとしました。

そして、なにかふつふつと怒りとは別に

『負けられない!』

という強い思いが湧いてきました。

確かに周りから見れば

無謀な挑戦かもしれません。

しかし、

『無理でしょ、そんなの…』

と、何の根拠もなく他人に判断された私は

かなり意地になりました。

そして、

『自分で絶対、乗り越えてみせる!』

とさらにその思いは強くなりました。

・・・

『あなたには無理でしょ』

この言葉を聞けば、

何かすごくバカにされたような…

すごく見落とされたような…

そんな感覚が私にはあります。

そして、その言葉を言われると、

なぜか私はムキになります。

ある意味、私の中の

『引き金』

のようなものです。

そして、

今までにない力を発揮する事が出来ます。

諦めそうになったり…

痛みの症状に負けそうになったり…

そんな気持ちになった時、

その言葉に助けられました。

もちろん、それだけでは

乗り越えれない時も正直あります。

ですが、

自分の中に『引き金』を持つことは

自分の武器になります。

私が今まで習慣にできなかった事も、

『無理じゃない事を見せる』

と意地になり実際、

習慣にもする事ができました。

・・・

『あなたには無理…』

その言葉を聞いた瞬間に

私のどこかのスイッチが入り、

力が途轍もなく出ます。

やる気を上げる方法は多くありますが

中でもこの方法は不思議なくらい効果が

あります。

ですが、

良い習慣を行うために必要な方法であり

常に意地になっていればストレスも

溜まりますし、かえって症状を悪化させて

しまいます。

なのであなたがもし、

何をやっても続けられない…

やる気が出ない… 

と思った時にこの方法を使って下さい。

私は昔から、周りのみんなが諦めた時に

なぜか力を出そうとします。

『もっと早く力を出せ!』

と言われた事や、

『天邪鬼(あまのじゃく)』

と言われた事もあります。

自分でもそこまでよく解りません。

ですが、

この言葉を見つけたおかげで

挫折を繰り返しながらでも継続ができて

よい習慣を身に付ける事が出来ました。

そして、

リウマチを乗り越える事もできました。

・・・

『あなたがムキになる事はなんですか?』

『あなたがムキになる言葉はなんですか?』

まずは、そのキーワードを探して下さい。

そして、そのキーワードを上手く使って

あなたの強烈な武器にして下さい。