30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチ ストレス 1

f:id:horiesky:20160427180216j:plain

 

今回からは、

『心とカラダ』について

お話します。

これからお話していく内容は、

簡単に言うと

『あなたが感じる感情、そして気持ちが

カラダにどのような影響を与えるのか?』

という事です。

私が1番『バカ』にしてきた分野です。

過去のブログでもお話しましたが、

短気な私に祖母はことわざを使って

色んな事を教えてくれました。

『笑う角には福来たる』

と言われ素直に聞き入れず、

反対にそれに対して

暴言を吐く私ですので心や気持ち

感情などを理解する事は正直、

すごく苦労しました。

しかし今、振り返ればその部分が1番

重要なことだったのかもしれません…

『感情→気持ち→感情』

 

カラダを支配する…

==========

心の在り方『感情や気持ち』によって

大きくカラダが左右されてしまいます。

それは、カラダのバランスを司る

自律神経に大きな影響があり、

その自立神経の働きが崩れた時

カラダのバランス自体も大きく

れていくからです。

過去の記事にある

『難しい専門用語』でも触れましたが

自律神経とは、

呼吸・血液・消化・体温・排泄・代謝

など、生命をつかさどる(かなめ)

とも言われています。 

そしてその自立神経は、

2つの神経で成り立っていて

1つが交感神経、

もう1つが副交感神経とがあります。

そしてその2つの神経は、

相反(対立して反対)しています。

例えば交感神経は、

『よし、やるぞ!』

などの活動的な神経なのですが、

その神経ばかりが刺激され続けると

血管をめ、血の流れをくする

働きがあります。

一方、副交感神経は

『ゆっくり休もう!』

などの休息や回復させる神経で

血管をげたり、血の流れをくします。

簡単に言えば、車の

『アクセルとブレーキ』

みたいなものです。

 

偏ったバランス

==========

人間はこの2つのバランスを常に

保っています。

ただ…基本的に人間は

『交感神経にりがち』

とも言われています。

それには多くの問題があるのですが、

例えば、

出産、育児、子育て、仕事、倒産、

解雇、病気、生活、お金 など、

これらに対する不安や悩み、恐怖や心配、

また怒りなどの様々なストレスからくる

感情や気持ちが原因にもなっています。

もちろん食生活や運動不足によっても、

神経を左右しますし、今回のテーマである

心の持ち方によってもこの神経は影響を

受けてしまいます。

自律神経失調症と聞いた事があると

思いますが、それはこのバランスが

れた状態なのです。

例えば、

血の流れが良くなると言って

『副交感神経』ばかりにバランスが傾いたら、

やる気もハキもなく脱力感に支配され

うつ病やアレルギーが過敏に反応する

体質へとなっていきます。

 

アクセルとブレーキ

===========

車の運転で例えるならば、

ブレーキばかりを過剰に踏む運転は、

弱気で怯える反面、ボーっとしていて

判断力が落ちかえって後方の車に

追突される危険な運転になり兼ねます。

反対に、アクセルばかりを踏み続け

ブレーキをあまり踏まない運転は、

常にイライラして、カラダに緊張を与え

かなり神経を使う危険な運転です。

「交感神経」と「副交感神経」は、

緊張安心などの感情にも

変化が出ます。 

例えば交感神経は、

怒り・恐れ・不安・脅え・などの感情 

副交感神経は、

喜び・嬉しさ・謙虚さ・などの感情 

 簡単にいえば、

カラダに無理や怒り、

心配ごとや悩みを抱え続けると

『交感神経』

がとくに働き、

『副交感神経」

が抑えられます。

その結果、

血流がくなり体温ががり

体調不良を訴え病気へと繋がっていきます。

 「今までの気持ちでは治らない」

私はリウマチを治す為に、

多くの知識を得てきました。

しかし、

朝起きた時から寝るまでの間

考えることは決まって、

このままらなかったらどうしよう…

寝たきりになってしまうのでは…

なんで自分だけこんな目に

と、怒りや不安をあらわにしその思いは

消えることがありませんでした。 

ただ、今となって思うのは、

自律神経のバランスが崩れた結果、

リウマチを悪化させる原因になったのだと

思います。

 

変わった人だなぁ…

==========

「そんな抽象的な事では、治らない!」

「心を変えただけでは、無理!」

「そんな問題ではないよ!」

実際、私が人から言われた言葉です。

世間では『心』とか口にすれば決まって

「きれいごと」

とか

「なにか宗教やっているの?」

しまれるのが現実です。

まして、目に見えないものなので、

余計に『バカ』にされます。 

 私も実際、

『心が大切だよ!』

と聞けば

「ふーん、変わった人だな?」

と思い相手にしないと思います。 

 でも、あえて言います。 

心の持ち方で、

カラダを支配する事ができます。

あなたは、

感情や気持ちに支配された事が

ありますか?

例えば、

イライラしている時は、カラダが熱り…

焦っている時は、呼吸が浅く…

心配している時は、胸のあたりが…

泣いた時は、なぜか爽やかになる。

そんな時、ありませんか?

ただ…

無理にじないで下さい。

私が1番『バカ』にしてきた分野ですから…

お願いします。

次回から、もう少し具体的に

『心とカラダ』

についてお話します。