30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチ 運動 6

f:id:horiesky:20160417185458j:plain

 

 

今回は、

『カラダの動き 3』

についてお話します。

あなたは、

う門には福来たる」と言う

ことわざを聞いた事がありますか?

『いつもにこやかに笑っていると、

幸運がやってくる」

という意味です。

私が小さい頃、

祖母によく言われていたので

私にはよく聞き慣れた『言葉』です。

それは私が比較的、短気だったので

祖母が私を見て「怒るな!」という事を

ことわざを使ってえてくれたんだと

今になって思います。

ただ…

『そんなことで幸運が来るなら、

みんな笑ってるよ!』

と私はよく祖母に対して暴言を吐き、

それ以降も相変わらず短気

生きてきました。

 

弱い人間の強がり

===========

しかし私はリウマチを治す為に

様々な知識を得てきました。

もちろん実践して効果的な方法だけを

探してきました。

そんな中、ふと自分を見つめた時

わかった事がありました。

それは今まで私は、

『笑う』ことよりも『怒る』ことを

多く選択して生きてきたという事

でした。

例えば、

小さい時は人にからかわれたり

バカにされたくなかったので、

よくコワイ顔をして人を警戒したりも

してました。

そしてそれは、大人になっても変わらず、

人に舐められる怖さがあり、

常に「節度ある関係」を意識してきました…

自分は弱い人間…

だから、

それを隠すために無理に強がり

自分をして生きてきた。

 

多大な影響力…

==========

しかし私は病気で倒れ、

改めて祖母が言っていた、

『笑う角には福来たる』

を自分なりに理解できるように

なりました。

もちろん私が病気をしてなかったら、

それが解らないまま死んでいったのかも

知れません。

『笑う習慣をつける』

笑うことでカラダに多大な影響を与えます。

笑う動作を行うことで、

免疫力を上げ免疫自体を調整する働きや

痛みを軽減させるとも言われています。

また、肺や胃腸を強化したり

 治癒力を上げたりもします。

笑うことでお腹や顔の筋肉が使われ、

脳や胃腸の働きを活発にします。

そして自律神経のバランスも保たれ、

カラダ全体のバランスをも保つことが

出来ます。

 

科学的証明…

==========

例えば、

笑うときにお腹に手を置くと解るのですが、

お腹の筋肉が刺激される事で、

のぜん動運動が促進されます。

なので、

胃腸の働きがよくなるのです。

『笑う習慣をつける』

簡単なようで簡単ではない。

だけど、効果は絶大です。

笑うことについては、

免疫力をあげたり…

リウマチの症状やわらげたり…

する事は科学的にも証明されて

います。

『笑う門には福来る』

ぜひこの効果を体験して下さい。

ここであなたに質問します。

あなたは最近、

腹の底からった事はありますか?