30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチの食生活 5

f:id:horiesky:20160312215631j:plain

 

今回からは、

『~を食べない習慣』

についてお話していきます。

食べない習慣とはカンタンに言えば、

私が闘病生活の中、意識してけてきた

モノについてです。

今の時代、

ファーストフードや添加物から始まり、

環境汚染や過剰なストレスなど

避けたいものが数多く存在しています。

そして、便利になればなる程、

その数に比例するかのように

病気になる患者数も上昇し続けています。

これからお話していく内容は、

その中でも特に私が気をつけて、

避けてきたもの『だけ』を

お話していきたいと思います。

 

自然界には存在しない…

===========

 では、まず最初の習慣は

『白砂糖を食べない習慣』

を取り入れて下さい。 

 なぜ白砂糖なのか?…

その理由は、

『人工的に作られた食品添加物

である事と、

酸化したもの』

であるからです。 

言葉から聞いても危険そうなのですが、

もう少しカンタンに言えば

『自然のモノではなくて、

栄養がない添加物』

という事です。 

その「人工的添加物」は

カラダを錆びさせてしまいます。

少し前の記事、

「錆びついたカラダ」

でお話しましたが、

カラダは「弱アルカリ性」です。

カラダが酸化(酸性に偏る)すると、

中和するために体内から

ビタミンやミネラル、カルシウムが

あなたの体内からわれてしまいます。

例えば、

カルシウムが体から奪われたら、

虫歯が増えたりがモロくなってしまい

骨粗しょう症になる恐れがあります。

多くのビタミンやミネラルが奪われたら、

カラダ自体のエネルギーが不足します。

その結果、あらゆる体内の機能は

ちてしまいますし、

免疫力や病気を治す力さえも

低下していきます。

カラダはだるくて疲れやすく…

やる気も無くなり…

肉体的にも精神的にも落ち込んで

しまいます。

 

最悪の事態…

==========

カラダの酸化は

『かなり危険』

なのです。

さらに、人工的な食品添加物

排せつ(体の外へ老廃物などを出す)が

されにくいと言われています。

そして、滞留した添加物は

ウイルスや悪玉菌のエサとなって、

さらにウィルスや悪玉菌

増えていきます。 

リウマチの痛みの原因の1つは、

腸内環境だとも言われていますので

まさに「最悪の事態」です。

そして、増えたウイルスや悪玉菌を

カラダは退治するのですが、

厄介な事に、その退治した後に大量の

活性酸素というガスが発生させて

しまいます。

そのガスによってさらにカラダを

酸化させ、カラダをびつかせます。

その結果、老化はもちろん、

さらなる合併症を引き起こす可能性を

格段に上げていまいます。

もちろん、

リウマチの症状も悪化していきます。

『白砂糖を食べない習慣』

を取り入れて下さい。

 

自然界からの離脱

==========

ですが、そんな簡単にすぐ止める事は

むずかしいと思いますので、ポイント

お話します。

まずは自宅の砂糖を、

サトウキビから作った砂糖であったり、

てんさい糖に変えてみて下さい。

そして、甘いモノやジュースなどは

量を減らす工夫(半分にする)を

して、少しずつ減らして下さい。

とくにジュースには大量の白砂糖が

入っているものが多く存在しています。

なのでまずは、

ジュースからでも止める事です。

自然の原料から人の手によって

加工されるモノでも、

手を加えぎれば

自然から離れてしまします。

そして、不自然なモノが溢れた今、

異常過ぎる病人が急増しました。

私は身をもって経験しましたし、

そう思います。