30代リウマチの症状を劇的に改善する習慣

初めまして、ホリエと申します。私は9年前、関節リウマチを患い、長く苦しい生活を送ってきました。あまりの辛さに自殺まで考え、絶望の淵に立っていました。しかし私は今、この病気を克服しました。医者にも薬にも頼らず、自力で健康を取り戻す事が出来ました。

リウマチ食事 4

 

f:id:horiesky:20160304195506j:plain

 

今回は、

『食べる順番  』

についてお話します。
 
私は食事をする時には、

順番があります。

とは言っても

「難しいことをする」

という事ではなく

ただ、

「何から先に食べ始めるか?」

という事です。

 

効果的なメリット

==========

 

一見、単純な事なのですが、

何を先に食べるか?によって

カラダにはとても重要で大切な役割が

あるのです。

 

例えば、先に食べる食材によって

消化を良くして排出を上げてくれたり、

代謝を上げて、免疫力をアップさせて

くれたりもしてくれます。

 

 他にもカラダにとって

とても効果的なメリットがたくさん

あります。
 
ではいったい、

「何を先に食べるのか?」

・・・

それは、酵素食物繊維を多くもつ、

『果物や生野菜』

から食べることです。 

 

酵素」は免疫力を上げて、

腸内をきれいにしてくれますし、

食物繊維」は胃腸の負担が少なく、

排泄を促してくれます。

 

そして、

 果物や生野菜を先に食べる事によって、

その後で食べる食べモノの消化をも

助けてくれます。

 

消化不良

==========

 

まとめると、

消化の良い果物や生ヤサイを先に

食べることで、胃腸の負担が少なく、

栄養の吸収を上げることが出来ます。

 

反対に、消化の悪い例えば、

肉などを先に食べると胃腸に負担が

大きく体内のエネルギー(酵素)が

消費されてしまい、その結果

免疫力が下がってしまいます。

 

よく、食後のデザートに果物が

出てきたりしますが、

食後のデザートとして果物を摂ることは、

かえって消化不良を起こすと

言われています。 

 

それは簡単に、

消化のよい果物を最後に食べることに

よって、もしそれまで消化の悪いモノを

食べていたのだとしたら、

果物自体も消化がくなってしまう

からです。

 

リウマチを改善するためにも、

まず胃腸の負担を減らして、

胃腸を元気にすることが大切だと

私は考えていました。 

 

ですので、

酵素食物繊維を多く含む

果物や生野菜を食事の一番最初に

食べることを習慣にしました。

 

重要な要因

==========

そして、その習慣の中でも、

1番お勧めしたい事があります。

 

それは、果物や生野菜を

ジュースにして食前に飲むことです。

 

生のジュースにすることによって、

胃腸の負担がさらに軽減しますし、

もっと栄養の吸収が早くて、

生ヤサイや果物の種類や量が

大量に摂れます。

 

生ジュースは、少し面倒ですが

私にとってすごく重要な習慣にしましたし、

リウマチを克服することが出来た、

大きな要因の1つだと

確信しています。 

 

 果物や生野菜を先に摂ることは、

とても効果的で、今でも私の生活の

一部 となっています。 

 

生ジュースに関して私は、

食事の30分前を目安に

飲んでいます。

 

果物や生ヤサイを食べる時は、

ただ最初に食べることだけを

意識しています。

 

基本的に私は朝食を食べないので、

時間を気にする事は無かったのですが、

 

朝食をもし食べるのであれば 、

食事の30分前に生ジュースを飲むと

良いと思います。

 

ぜひ参考にして下さい。